婦人科

月経不順

月経周期は通常28~30日と言われています。
この日数でないと異常というわけではありませんが、月経が25日以内で来たり、40日を過ぎても来ない場合は何らかの原因を考えなければなりません。

主にストレスや生活の乱れ、無理なダイエットが考えられますが、病気がかくれている場合もあります。排卵障害、早発閉経、高プロラクチン血症、甲状腺機能異常、糖尿病などが考えられます。

ちなみに早発閉経とは40歳未満で閉経することで、ある文献によると20代で1000人に1人が、30代で100人に1人が閉経すると言われています。いずれにしろ長期に放置せず、早めの検査、治療が必要です。

月経痛

女性イメージ

月経痛には「心配のない月経痛」と「病気かもしれない月経痛」があります。

心配のない月経痛は、子供を産むと軽くなったり、年齢を重ねるごとに軽くなっていくものです。
病気かもしれない月経痛とは、年齢を重ねるごとに徐々に強くなってくるものです。子宮内膜症・腺筋症、子宮筋腫などの病気である可能性が高いと言われています。放っておくと痛みが強くなったり、不妊症になったりする場合もありますので、一度診察を受けられることをお勧めします。

当院では月経痛の治療としては、低用量ピル、漢方薬、様々な種類の痛みどめなどを、一人ひとりに合わせて使用します。
手術などの治療が必要となった場合は、手術の可能な病院へご紹介いたします。

過多月経

月経量が多いことを過多月経と言います。
月経のときに血の固まりが出る、2時間ごとにナプキンを換えているのに漏れる、月経量の多い日が4日以上続く、年齢とともに月経量が増えてきた、このような症状があれば過多月経かもしれません。

子宮内膜症・腺筋症、子宮筋腫、子宮内膜増殖症などの病気である可能性があると言われています。月経量が多いことで貧血を引き起こします。病気でなくても、月経量が多いことは、女性が生活する中で非常に厄介なものです。
過多月経かな?と思ったら一度診察を受けられることをお勧めします。

月経前緊張症候群(PMS)

月経の10日ほど前より始まる腹痛、むくみ、便秘、いらいら、なんとなくだるいなどの不調を月経前緊張症候群(PMS)と言います。

これは月経の10日ほど前より分泌されるプロゲステロンというホルモンのしわざです。
PMSがあまりひどいと学校や仕事を休まなければならない場合もでてきてしまいます。

当院では漢方薬、低用量ピル、軽い抗うつ剤や痛みどめなど、一人ひとりに合わせて様々な薬を組み合わせた治療を行っています。

原発性無月経

日本人の平均初経年齢は12歳といわれています。
初潮が来るのは、12歳で54%、13歳で72%、14歳で87%、15歳で92%です。18歳を過ぎても初潮が発来しないものを原発性無月経といいます。15歳を過ぎても初潮が発来しない場合は何らかの病的原因が隠れていることもあります。

子宮・卵巣に病気があったり、染色体異常(ターナー症候群、精巣性女性化症候群)が見つかることもあります。

初経経験率

続発性無月経

今まで月経がみられていたのに、3カ月以上月経が来なくなることを言います。
「月経不順」の項をご参照ください。

おりものの増加、外陰部のかゆみ

おりものが増加する原因は、ホルモンによるもの、カンジタ膣炎、一般的な雑菌による膣炎、性感染症が考えられます。

おりものが多くなる性感染症には、クラミジア膣炎、淋菌性膣炎、トリコモナス膣炎などが考えられます。
これらの性感染症は放置すると膣から子宮を伝わっておなかの中に入り込み、骨盤内腹膜炎を起こしたり不妊の原因となることもありますので、早目に受診してください。

性感染症ですので、パートナーとご一緒に受診されることをお勧めいたします。

女性性器クラミジア持続感染による上行性感染の図

ちなみにカンジタ膣炎は性感染症ではなく真菌症(いわゆるカビ)で、疲れたり、風邪をひいたり、妊娠をした時など免疫力の落ちているときにかかります。
いずれも治療は膣剤や内服薬で行います。

外陰部の痛み、違和感、できもの

外陰部に痛みを伴うしこり、または潰瘍が出現した場合は、外陰部ヘルペスである可能性が高く、症状出現時には感染能力が高いので接触は厳禁です。受診して治療を受けてください。

痛みを伴わないしこりの場合は外陰部コンジローマの可能性があり、こちらも病院での治療が必要となります。外陰部コンジローマはヒトパピローマウィルス(HPV)によって起こりますが、HPVは子宮頸癌の原因となりますので、注意が必要です。

下腹部痛

様々な原因で下腹部痛が起こります。婦人科的なものとしては月経痛、月経前緊張症、排卵痛、骨盤内腹膜炎、卵巣腫瘍などが考えられます。
卵巣腫瘍は小さいうちはあまり症状が出ませんが、大きくなるとおなかに違和感や軽い痛みを感じるようになります。たとえ良性の腫瘍であっても、長い間放っておいて、ねじれたり、破裂したりすると激痛がおこり手術が必要となることもありますので、気になる症状がある場合は早目に受診してください。

下腹部痛の図

骨盤内腹膜炎も軽い場合は内服薬で済みますが、重篤になると入院が必要となることもありますので、早目に受診してください。

不正出血

不正出血の原因は、ホルモンバランスの乱れ、子宮頸管ポリープ、子宮筋腫、子宮体癌の初期、気付いていない流産など様々なものがあります。症状と年齢により検査を行います。

  • 初めてご来院の方へ
  • ご予約・お問い合わせはこちらから
  • ドクターズセレクト
  • 定休日カレンダー